一事 это:

一事
1.一件事。
《淮南子‧繆稱訓》: “察於一事, 通於一伎者, 中人也。”
南朝 蕭統 《文選序》: “若其紀一事, 詠一物, 風雲草木之興, 魚蟲禽獸之流, 推而廣之, 不可勝載矣。”
陳亮 《上孝宗皇帝第一書》: “綱紀總攝, 法令明備, 郡縣不得以一事自專也。”
鄭燮 《贈博也上人書》詩: “獨有老僧無一事, 水禽沙鳥聽關關。”
楊朔 《三千里江山》第十三段: “不經一事, 不長一智。”
2.同一件事;同一類事。
《公羊傳‧僖公元年》: “此一事也, 曷為復言 師、 師、 師?不復言師, 則無以知其為一事也。”
《後漢書‧桓譚傳》: “又見法令決事, 輕重不齊, 或一事殊法, 同罪異論, 姦吏得因緣為市。”
李漁 《閑情偶寄‧詞曲‧結構》: “同一月也, 出於 牛氏 之口者, 言言歡悅;出於 伯喈 之口者, 字字凄涼。 一座兩情, 兩情一事, 此其針線之最密者。”
3.專一其事。
《管子‧心術下》: “一事能變曰智。”
尹知章 注: “能專一其事, 能變而動之謂智也。”
4.服役一次。
《漢書‧賈捐之傳》: “ 孝文皇帝 閔中國未安, 偃武行文, 則斷獄數百, 民賦四十, 丁男三事而一事。”
5.方言。 業務或組織上有關係的。 如: 這家藥鋪和 北京 同仁堂 藥鋪是一事。

Ханьюй Да Цыдянь. 1975—1993.

Смотреть что такое "一事" в других словарях:

  • いちじ — I いちじ【一事】 一つの事柄。 ~が万事(バンジ) わずか一つの行為・事柄からほかのすべての行為・事柄が推察されることにいう。 II いちじ【一字】 (1)一つの文字。 (2)〔一文銭の表に四文字あるところから〕 一文の四分の一。 二分五厘。 また, ごくわずかの金額のこと。 → 一銭一字 III いちじ【一時】 (1)ある限られた長さの時間。 (ア)しばらくの間。 短時間。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • いちじょう — I いちじょう【一乗】 〔仏〕 仏の真の教えは唯一であり, それによってすべての衆生(シユジヨウ)が成仏できると説く教法。 法華経をさすことが多い。 一仏乗。 → 乗 → 三乗 → 五乗 II いちじょう【一場】 (1)一つの場所。 ある場所。 (2)その場限り。 わずかの間。 「~のなぐさみ」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • いっぽう — I いっぽう【一報】 (1)ちょっと知らせること。 「到着次第ご~下さい」 (2)第一報。 「~が入る」 II いっぽう【一方】 (1)一つの方向。 「~通行」 (2)一つの方面。 ある方面。 「~から考えると気の毒でもある」「~の雄」 …   Japanese explanatory dictionaries


Поделиться ссылкой на выделенное

Прямая ссылка:
Нажмите правой клавишей мыши и выберите «Копировать ссылку»