一字三缣 это:

一字三缣
(一字三縑, 一字三缣) 《新唐書‧皇甫湜傳》載, 裴度福先寺 , 將立碑。
皇甫湜 即請鬥酒, 飲酣, 援筆立就。
贈以車馬、繒彩甚厚。
大怒曰: “自吾為《顧況集序》, 未常許人。 今碑字三千, 字三縑, 何遇我薄邪?” 笑, 酬以絹九千疋。 後因以“一字三縑”謂文酬極高。

Ханьюй Да Цыдянь. 1975—1993.

Смотреть что такое "一字三缣" в других словарях:

  • 一字三縑 — (一字三縑, 一字三缣) 《新唐書‧皇甫湜傳》載, 裴度 修 福先寺 , 將立碑。 皇甫湜 即請鬥酒, 飲酣, 援筆立就。 度 贈以車馬、繒彩甚厚。 湜 大怒曰: “自吾為《顧況集序》, 未常許人。 今碑字三千, 字三縑, 何遇我薄邪?” 度 笑, 酬以絹九千疋。 後因以“一字三縑”謂文酬極高。 …   Большая китайская энциклопедия


Поделиться ссылкой на выделенное

Прямая ссылка:
Нажмите правой клавишей мыши и выберите «Копировать ссылку»