一字 это:

一字
1.一個字。
王充 《論衡‧鬚頌》: “夫一字之謚, 尚猶明主;況千言之論, 萬文之頌哉!” 南朝 劉勰 《文心雕龍‧練字》: “故善為文者, 富於萬篇, 貧於一字。”
杜甫 《同元使君春陵行》: “兩章對秋月, 一字偕華星。”
2.謂同一個字。
《左傳‧僖公十五年》“千乘三去” 阮元 《校勘記》: “ 惠士奇 云: 《上林賦》‘江河為阹’注云: ‘遮禽獸為阹。 ’‘阹’即‘去’, 實一字。”
3.指一種字體。
熹平 刊石之《周易》、《尚書》、《魯詩》、《儀禮》、《春秋》、《公羊》、《論語》七部經書, 系 蔡邕 以隸書書寫。 後因取別於 正始 之三體石經, 稱“一字石經”, 或“鴻都石經”、“今字石經”。 見《隋書‧經籍志一》。
錢大昕 《十駕齋養新餘錄‧一字三字石經》: “ 蔡中郎 所書, 祇有隸體。
刻乃有古文、篆、隸三體。
刻本無一字之名, 而下, 稱 刻為一字, 取別於 之三字耳。”
4.另一個別名。
黃宗羲 《宋元學案‧紫薇學案》: “﹝ 紫薇 門人﹞ 林之奇 , 字 少穎 , 一字 拙齋 。”
5.指簡短的信札。
杜甫 《登岳陽樓》詩: “親朋無一字, 老病有孤舟。”
陳師道 《送李奉議亳州判官》詩之三: “因聲問何如?胡不枉一字。”
李贄 《感事二絕寄焦弱侯》之一: “昨夜山前雷雨作, 傳君一字到 黃州 。”
6.謂物形如一字者。
白居易 《二月二日》詩: “輕衫細馬春年少, 十字津頭一字行。”
吳融 《新雁》詩: “數聲飄去和秋色, 一字橫來背晚暉。”
7.京劇髯口之一種。
蘇少卿 《平劇手冊‧髯口》: “一字, 滿口之須而短只寸許者。 白一字, 五臺山 老僧等用;黑一字, 魯智深 等用;紅一字, 典韋 等用。”
8.中藥量名。
《醫宗金鑒‧幼科雜病心法要訣‧撮口》: “撮風散: 亦腳蜈蚣(炙)半條……麝香一字, 上為末, 每服一字, 竹瀝調下。”

Ханьюй Да Цыдянь. 1975—1993.

Смотреть что такое "一字" в других словарях:

  • 일자 — 一者 日子 日者 逸字 日字 一字 …   Hanja (Korean Hanzi) dictionary

  • いちじ — I いちじ【一事】 一つの事柄。 ~が万事(バンジ) わずか一つの行為・事柄からほかのすべての行為・事柄が推察されることにいう。 II いちじ【一字】 (1)一つの文字。 (2)〔一文銭の表に四文字あるところから〕 一文の四分の一。 二分五厘。 また, ごくわずかの金額のこと。 → 一銭一字 III いちじ【一時】 (1)ある限られた長さの時間。 (ア)しばらくの間。 短時間。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • いちもん — I いちもん【一問】 一つの問い。 一つの問題。 II いちもん【一文】 (1)穴あき銭一枚。 一貫文の千分の一。 → 文 (2)ごく少額の金銭。 わずかな金額。 (3)一つの文字。 一字。 ~にもならない 苦労をしても, なんの利益もない。 一文(一円)の得にもならない。 III いちもん【一門】 (1)一家族, または一族。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • いっていじ — いっていじ【一丁字】 〔「丁」は「个(カ)」を誤ったものという〕 一個の文字。 一字。 ~を識(シ)らず 〔唐書(張弘靖伝)〕 一つも字を知らない。 一丁字も無い。 → 目に一丁字なし …   Japanese explanatory dictionaries

  • 一丁字 — いっていじ【一丁字】 〔「丁」は「个(カ)」を誤ったものという〕 一個の文字。 一字。 ~を識(シ)らず 〔唐書(張弘靖伝)〕 一つも字を知らない。 一丁字も無い。 → 目に一丁字なし …   Japanese explanatory dictionaries

  • — (奪) duó (1)  ㄉㄨㄛˊ (2) 抢, 强取: 抢~。 掠~。 巧取豪~。 强(qi僴g )词~理。 (3) 争先取到: ~得最后胜利。 ~魁。 ~冠(gu刵 )。 (4) 冲开: ~门而出。 (5) 丧失, 削除: 剥~。 褫~(剥夺)。 ~志(改变志向或意愿)。 (6) 晃动: 光彩~目。 (7) 决定如何处理: 请予裁~。 (8) 漏掉(文字): 第八行~一字。 (9) 郑码: GDDS, U: 593A, GBK: B6E1 (10) 笔画数: 6, 部首: 大,… …   International standard chinese characters dictionary


Поделиться ссылкой на выделенное

Прямая ссылка:
Нажмите правой клавишей мыши и выберите «Копировать ссылку»