一塵 это:

一塵
(一塵, 一尘) 1.一粒微塵。 常喻事物的微小。
南朝 鮑照 《野鵝賦》: “雖陋生於萬物, 若沙漠之一塵。”
聶夷中 《古興》詩: “片玉一塵輕, 粒粟山丘重。”
任泰學 《質疑‧周易》: “附上《周易》質疑若干條, 一塵勺水, 未必無補於高深, 或去道尚遠, 亦示近日學問所到而已。”
2.道家稱一世為一塵。
《太平廣記》卷四五引 葛洪 《神仙傳‧丁約》: “儒謂之世, 釋謂之劫, 道謂之塵。”
孫覿 《奉寄沈理問》詩: “可憐仙凡一塵隔, 哀樂紛綸殊不極。”
3.借指相當大的差距。
王守仁 《寄鄒謙之》書: “縱令鞭辟向裏, 亦與聖門致良知之功, 尚隔一塵。”
魯迅 《且介亭雜文二集‧文壇三戶》: “那些作品, 即使摹擬到和破落戶的杰作幾乎相同, 但一定還差一塵。”

Ханьюй Да Цыдянь. 1975—1993.

Смотреть что такое "一塵" в других словарях:

  • 일진 — 一眞 一塵 日盡 一陣 日辰 …   Hanja (Korean Hanzi) dictionary

  • けごんぎょう — けごんぎょう【華厳経】 大乗経典の一つで, 華厳宗所依(シヨエ)の経典。 漢訳に, 東晋(トウシン)の仏駄跋陀羅(ブツダバツダラ)訳(旧訳華厳経, 六〇巻), 唐の実叉難陀(ジツシヤナンダ)訳(新訳華厳経, 八〇巻), 唐の般若(ハンニヤ)訳(貞元経, 四〇巻)の三つがある。 世界を毘盧遮那仏(ビルシヤナブツ)の顕現として, 一塵(イチジン)の中に全世界が宿り, 一瞬の中に永遠があるという。 一即一切, 一切即一の世界観を説く。 また, 入法界品の善財童子が五三人の善知識を訪ねる物語は, …   Japanese explanatory dictionaries

  • 華厳経 — けごんぎょう【華厳経】 大乗経典の一つで, 華厳宗所依(シヨエ)の経典。 漢訳に, 東晋(トウシン)の仏駄跋陀羅(ブツダバツダラ)訳(旧訳華厳経, 六〇巻), 唐の実叉難陀(ジツシヤナンダ)訳(新訳華厳経, 八〇巻), 唐の般若(ハンニヤ)訳(貞元経, 四〇巻)の三つがある。 世界を毘盧遮那仏(ビルシヤナブツ)の顕現として, 一塵(イチジン)の中に全世界が宿り, 一瞬の中に永遠があるという。 一即一切, 一切即一の世界観を説く。 また, 入法界品の善財童子が五三人の善知識を訪ねる物語は, …   Japanese explanatory dictionaries


Поделиться ссылкой на выделенное

Прямая ссылка:
Нажмите правой клавишей мыши и выберите «Копировать ссылку»