一元論 это:

一元論
(一元論, 一元论) 認為世界只有一個本原的哲學學說。 肯定物質是世界本原的是唯物主義的一元論;肯定精神是世界本原的是唯心主義的一元論。

Ханьюй Да Цыдянь. 1975—1993.

Смотреть что такое "一元論" в других словарях:

  • 一元論 — 拼音:yi yuan2 lun4 哲學上指用惟一原理說明萬有現象之本質, 稱為“一元論”。 相對於多元論、 二元論等而言。 …   Taiwan traditional national language dictionary

  • 一元論 — いちげんろん【一元論】 ひとつの実在や原理から世界のあり方を説明する哲学的立場。 根源的なものを何とするかは立場により多様であり, ヘーゲルの絶対者, 神秘主義における一者, 仏教の真如, 老荘の道などが著名。 また, 世界を精神や物質に還元する唯心論や唯物論もこの傾向に属する。 → 多元論 → 二元論 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 일원론 — 一元論 …   Hanja (Korean Hanzi) dictionary

  • 一元论 — (一元論, 一元论) 認為世界只有一個本原的哲學學說。 肯定物質是世界本原的是唯物主義的一元論;肯定精神是世界本原的是唯心主義的一元論。 …   Большая китайская энциклопедия

  • 一元 — 1.事物的開始。 漢 董仲舒 《春秋繁露‧玉英》: “謂一元者, 大始也。” 《漢書‧董仲舒傳》: “《春秋》謂一元之意, 一者萬物之所從始也, 元者辭之所謂大也。 謂一為元者, 視大始而欲正本也。” 2. 漢 《三統曆》法以四千六百一十七年為一元。 《漢書‧律曆志上》: “凡四千六百一十七歲, 與一元終。 經歲四千五百六十, 災歲五十七。” 3. 宋 邵雍 把世界從開始到消滅的一個周期叫做一元。 一元有十二會, 一會有三十運, 一運有十二世, 一世有三十年,… …   Большая китайская энциклопедия

  • — yuán ㄩㄢˊ 〔《廣韻》愚袁切, 平元, 疑。 〕 1.首, 頭。 《左傳‧僖公三十三年》: “﹝ 先軫 ﹞免胄入 狄 師, 死焉。 狄 人歸其元, 面如生。” 杜預 注: “元, 首。” 《孟子‧滕文公下》: “志士不忘在溝壑, 勇士不忘喪其元。” 《新唐書‧裴行儉傳》: “ 吐蕃 叛換方熾, 敬玄 失律, 審禮 喪元, 安可更為西方生事?” 羅正緯 《灤州革命先烈事略》: “ 祿貞 離座格拒, 同謀 馬蕙田 持槍入, 擊中 祿貞 要害, 取其元而去。” 2.第一, 居首位的。 …   Большая китайская энциклопедия

  • 二元論 — 拼音:er4 yuan2 lun4 以兩對立的概念詮釋宇宙現象的說明方法。 如柏拉圖實有與非有說, 亞里士多德形與質說, 皆屬二元論。 [反] 一元論 …   Taiwan traditional national language dictionary

  • 多元論 — 拼音:duo yuan2 lun4 一種哲學派別。 認為宇宙的本源為多數之實在所成, 與一元論相對。 [反] 一元論 …   Taiwan traditional national language dictionary

  • いちげんろん — いちげんろん【一元論】 ひとつの実在や原理から世界のあり方を説明する哲学的立場。 根源的なものを何とするかは立場により多様であり, ヘーゲルの絶対者, 神秘主義における一者, 仏教の真如, 老荘の道などが著名。 また, 世界を精神や物質に還元する唯心論や唯物論もこの傾向に属する。 → 多元論 → 二元論 …   Japanese explanatory dictionaries

  • げんしろん — げんしろん【原子論】 世界の現象は分割不可能な最小粒子(アトム)の離合集散によって説明されるとする説。 世界をとらえる基本的考え方の一つとして, 古代のギリシャ(デモクリトス)・インドの哲学(ジャイナ教など)以来, 近・現代の物理科学(ドルトンの原子説・アボガドロの分子説・原子物理学・素粒子論など)に至るまで諸説がある。 エネルギー一元論・生気論などの現象論的な見方や「場」の理論・全体論に対立する。 原子説。 …   Japanese explanatory dictionaries


Поделиться ссылкой на выделенное

Прямая ссылка:
Нажмите правой клавишей мыши и выберите «Копировать ссылку»